セックスレス離婚 理由

セックスレス離婚の理由

セックスレスは実は体の問題ではなく、心にあることが多いものです。
セックスレスで離婚を考えているという方も多いと思います。

 

セックスレスになるきっかけは、個人差があると思いますが、
男性側では「付き合っている時は定期的にしていたけれども、結婚後はいつでもできるという安心感からセックスに興味がなくなってしまった」「一家を構えて養っていかなければならないという仕事へのプレッシャーから自然としたくなくなった」などの意見が多く、

 

女性側としては妊娠や出産をきっかけにしなくなってしまったというケースが多いようです。「育児でつかれてしまってそれどころではない」「子宮を安定させないとまずいと思ってセックスを避けた」という意見が目立っているようです。

 

そして、セックスレスが長く続くと離婚にまで発展してしまう場合もあるようです。

 

セックスレスが離婚の原因になる理由として

 

★浮気をしやすくなるということ。

 

セックスがないと体だけでなく、心まで寂しい思いをしてしまうということです。
そんな寂しいと感じている時に誰から寄ってきて優しくされるようなことがあれば、
悪いとは思っていてもついフラフラと誘いに乗ってしまう可能性は高くなってしまうからです。
「パートナーがセックスを拒むようになって浮気してしまった」というケースは少なくないようです。
また、一度浮気してしまうとパートナーとセックスしなくなるという悪循環になってしまいます。

 

★夫婦の信頼関係にひびが入るということ。

 

何年も一緒に暮らした相手でも、信頼関係にひびが入るときは一瞬ということもあります。
セックスの相性がよくなくて問題が起こるのはそんなときかもしれません。
「相手のセックスに不満があるから」しないという事実が何かの拍子で発覚した場合や
携帯電話に妻以外の女性の猥褻画像が収まっていたり、風俗店に通っていた事実などが見つかった場合など、
「これまでのセックスレスは、私のせいなの」となって信頼関係にひびが入ることになるからです。

 

★相手のプライドを傷つけるということ。

 

セックスはとてもデリケートな側面を持っていることだけに、ほんの些細なことがきっかけで
トラブルが起きてしまいかねません。
例えば、妻が夫にセックスを求めたとき、夫は仕事に疲れて早く眠りたかったために
「そんなにしたいなんて、よっぽど好きなんだな」と言ってしまった場合、妻のプライドは傷つき、
その後は二度と誘えなくなってしまいます。
また、妻にセックスを拒まれるとプライドが傷つく夫もいて、
「じゃあ、もうお前とはしない!」とこじれてしまうケースもあります。

 

プライドを傷つけられたことが、いつまでも心にダメージとして残っていると
何かの拍子に大きな爆弾となって相手を攻撃する危険性もあり、離婚へと発展しまうことになってしまいます。

 

 

長年連れ添った夫婦がセックスレスが原因で離婚というのは
切ないものですよね。

 

セックスレスは体だけではなく、心とも密接につながっている深刻な問題です。
ひとりで悩みを抱えて大きくしてしまう前に、パートナーや専門家と話し合ってみることが必要です。

 

▼セックスレス克服のプロによるセックスレス解消法はこちらから▼