セックスレス 不眠

不眠とセックスレスの深い関係

セックスが不眠の解消につながるということをご存知でしょうか。

 

女性の身体は、もともと強力な性エネルギーをマグマのように内蔵しているんだとか。
なぜなら、ひとたび妊娠すれば、一人の赤ん坊を9カ月のうちに体内で育てて産みだすことのできる
というエネルギーなのだから、そのマグマの量は膨大ですよね。

 

現代女性には性エネルギーの余り現象がしばしば見られて、不眠とも深い関わりがあるらしい。

 

不眠の原因は、人それぞれ多々あるとは思うのですが、性エネルギーのあり方も密接に関わっているようです。

 

例えば、人は飢餓状態になりエネルギーが少なくなると、うとうとと寝てばかりいるようになりますし、
病気で末期になってくると患者さんも、栄養状態が落ちてきて、苦しまずに眠るように亡くなるということが多いですよね。

 

逆にエネルギーが体の中から放出されず溜まってくると眠れなくなるということです。

 

現代生活は基本的に飽食なので、性エネルギーを含めたエネルギーが過剰になっているといえます。
なので、なかなか、熟睡できないで悶々としてしまうんですね。

 

ところが、いいセックスをした後はぐっすり眠れますよね。
性エネルギー過剰で緩みにくい身体を緩ませるには、セックスが最上のようです。

 

性エネルギーは、子供への愛情や、仕事、食べること、趣味活動などにすべてを転換して使うことは難しいんだそうです。
そのため、子供の受験に過度に入れ込んだり、際限のない嫉妬心に身を焼いたり、痩せることに熱中して拒食症になるなど、
そのエネルギーを知らず知らず、自他を傷つけることの方に使おうとしてしまうらしいです。

 

セックスレスに対して「我慢すればいいだけのこと。死んでしまうわけではないし」と思いつつも、
イライラして物事に集中できなかったり、延々と機嫌の悪い状態が続くということにもなりかねません。

 

実は、いいセックスによって性エネルギーが解放されて、別人のように元気になったり、
表情がやわらかくなって、人に優しくなったりで女性としての魅力が益々アップされるみたいですので、

 

もっと女性の方からセックスを誘ったり、セックスレスを解消することを真剣に考えたほうが良いのかも
しれませんよ。

 

健康や家族や子育てなど、社会の基盤を左右する重要な問題と関わっているといっても過言ではないんですから。

 

 

↓↓↓セックスレスの状態から1日でも早く抜け出したい方はこちらをクリック!!↓↓↓